トップ  >  止水板のみずどめくん2  > 

なぜ取付け簡単なの?

なぜ取付け簡単なの?


台風や集中豪雨対策に!集中豪雨は、短時間のうちに狭い地域で突発的に雨が降るため、予測が比較的困難です。
以前は水害時の緊急対策として土のうなどを用いられてましたが、運ぶ困難や、時間がかかる、また後処理も大変でした。

現在主要都市では止水板(防水板)などで対応しているものの、男性が常に重い止水板(防水板)を設置できる状況とは限りません。

台風や集中豪雨対策に! 従来のタイプの多くは、重量が重く、止水板(防水板)の保管場所からの移動や、
止水板(防水板)の位置の微調整(密閉ノブ位置合わせの為)が大変です


止水板(防水板)みずどめくん2は、
軽量(巾:180cm,高さ:40cm,重量:約11kg)
なので保管場所からの移動や取付けが簡単です。
また、ピンを使うことにより、ベルトでの固定時に板が地面に向かって垂直に引っ張られるため、
より防水版と地面との密着度が高まるという垂直加圧構造により、

よりいっそうに防水効果が高まりました。
 



止水板(防水板)みずどめくん2の取付け手順

This text will be replaced
特許取得ラチェット式止水板の取付け手順
取付け手順
  1. 止水板(防潮板)をサッシ枠等に合わせる
  2. 押しあてた状態で、パネル固定ピンを固定ピン穴に挿入する
  3. 止水板(防潮板)固定金物のハンドルを操作し固定する(床面と 壁・柱面への加圧が行われる)
  4. 設置完了!


一ヶ所、数分で取付けができます

 

インターネットからのご注文はこちら インターネットからのお問い合せはこちら